幅広い職種でより取り見取り!医療事務の資格取得で夢が広がります

男の人

専門学校の内容

鍼灸

日本には西洋医学だけではなくて、もっと古くから伝わってきた東洋医学が根付いています。そうした東洋医学の中でも、鍼灸はその支柱となるものです。ただし鍼灸を行うためには、厚生労働大臣の発行する、鍼灸師の免許がなければ行うことができません。しかも鍼灸師の免許を取得するには、まず厚生労働大臣が指定する養成校で、勉強する必要があります。そのような鍼灸師の養成校は、専門学校と大学の2つが存在します。2つのうちどちらを選択しても、取得できる免許は同じです。しかし大学の場合には、4年間通わなければなりません。これに対して専門学校は、基本的に3年間です。そのため早く免許を取得したい場合には、専門学校のほうが人気になっています。

鍼灸師を養成する専門学校の授業は、内容を厚生労働大臣が一定の範囲について指定しています。反対にこれをクリアしなければ、厚生労働大臣が実施する国家試験の受験資格が与えられません。ただしどれほど東洋医学の学習能力に優れていても、それだけでは受験資格としては不十分です。これは指定された範囲のなかに、西洋医学に関する知識も、必ず含まれているためです。そのため専門学校では、東洋医学と西洋医学の両面から学習します。例えば東洋医学において喘息は、WHOでも認められた鍼灸治療の適応疾患です。しかし喘息で大きな発作が起こると、命に関わりますから、西洋医学による治療が必要になります。こうしたことから専門学校では、東洋医学と西洋医学を学習することが大切です。