幅広い職種でより取り見取り!医療事務の資格取得で夢が広がります

男の人

講習を受けてできること

看護師

介護支援専門員の受験

柔道整復師は怪我の治療を行うだけではなくて、多方面の分野に進出するようになっています。なかでも介護は、介護保険制度が発足したため、柔道整復師がよく進出している分野です。そうした点で柔道整復師は、介護支援専門員への受験資格を有する資格です。介護支援専門員は、介護保険制度を使用する際に、ケアプランを立てます。ケアプランは、どのようなサービスを受けるかを決定するものですから、介護保険制度の根幹です。そのため最近の柔道整復師は、介護支援専門員に受験することが増えています。しかし介護支援専門員への合格率は、非常に低い状態です。その点で柔道整復師が介護支援専門員を目指すには、講習を受けて知識を高めると合格しやすくなります。

機能訓練の講習

また柔道整復師は、介護保険制度を使用して、デイサービスで機能訓練を行うことが可能です。ただしデイサービスにおける機能訓練については、介護支援専門員のように、ほかの資格が要りません。いっぽう機能訓練に関する知識や技術は、接骨院における業務と異なる部分があります。例えば筋トレのマシーンの取り扱いは、柔道整復師の養成校の、必修科目とは異なります。しかし筋トレマシーンは、デイサービスの機能訓練で、主体的に行われている内容です。そこで柔道整復師がデイサービスを開業する際には、機能訓練に関する講習を受けることが一般的です。このような講習を柔道整復師が受けると、需要に応えらますから、開業しても成功しやすくなります。