幅広い職種でより取り見取り!医療事務の資格取得で夢が広がります

男の人

人の心を相手にする仕事

勉強道具

資格や分野

心理カウンセラーは、人の悩みや相談に寄り添いカウンセリングをする職業です。資格は民間のもので多数存在します。一番上の資格は臨床心理士ですが、資格がなくても心理カウンセラーになることは可能です。実際に求めている人材は資格も大事ですが、知識や経験も必要です。資格を持っていたほうが知識として有利ともいえますが、経験も重視されます。また、心理カウンセラーの種類は多数あり、医療や教育、司法や福祉、さらに公衆衛生や産業、研究大学の分野に分かれています。そのため、自分がどの分野の心理カウンセラーになりたいのか明確にしておく必要があります。それにより勉強する内容も違ってきます。経験が重視されると言いましたが、最初のころは経験がなくて当たり前です。そのため、少しでも就職の場をもらえるために資格を数種類取得する人も多いです。

なるにはどうしたらいいの

心理カウンセラーとして本職として最初から就職できることを期待せず、アルバイトなどをしながら心理カウンセラーの仕事をかけもちし経験を積んでいく方法もあります。またそれと並行して資格を取得することで、より良い心理カウンセラーになることが出来るでしょう。心理カウンセラーになるためには特に制限がないので、誰でも資格取得を目指すことが出来ます。また現在では通信講座も用意されているので、主婦で子供が小さく、外に学びに行けないという人でも問題ありません。医師のような治療を施すわけではないですが、心に悩みを抱えている人を対象にする仕事なので、きちんと勉強した上で資格を取得し、仕事を行なっていきましょう。